剥離剤の基礎知識
剥離剤の活用事例
トピックス
安全データシートはこちら
リンク
社団法人 全国産業廃棄物連合会
→お近くの産業廃棄物処理企業を検索できます。
 ご使用済みの弊社製品を廃棄する際にご活用ください。
国土交通省
新技術情報提供システム(NETIS)
→公共事業等で活用できる新技術を検索できます。
弊社の「ネオリバー泥パック工法」 (KK-070037-VR)も登録済です。
製品サポート関連リンク集
→その他のリンクのページ。

よくあるお問い合わせ 洗浄剤全般について


洗浄剤全般について

ご質問
洗浄剤とは?
ご回答
代表的な洗浄剤は、衣料用、食器用など、一般家庭で使われる洗剤です。
工業用洗浄剤は、工場などで設備、機械部品、厨房、食器等の洗浄に幅広く用いられています。

ご質問
汚れの種類は?
ご回答
有機物、無機物に大別できます。
実際の汚れは、動植物油、鉱物油、タンパク質や糖などの有機物と、水垢(炭酸カルシウム)、錆などの無機物、塵芥などが複合的に絡み合っています。

ご質問
洗浄剤の種類は?
ご回答
水への溶解度で分類すると、水系、準水系、非水系の3つに分けることができます。
弊社製品は、水系洗浄剤が主となります。
水系洗浄剤は水が主成分であり、洗剤の力を借りて水に汚れを取り込みます。また、その液性で酸性、中性、アルカリ性に分類でき、汚れの種類に応じて使い分けます。


ご質問
洗剤のメカニズムは?
ご回答
油性汚れを例にご説明します。

界面活性剤は洗剤の成分のひとつで、油になじみやすい部分と、水になじみやすい部分を持った物質です。
・まず、界面活性剤の油になじみやすい部分が油に吸着します。
・次第に界面活性剤が油を取り囲み、界面活性剤の水になじみやすい部分が油の表面を覆い隠します。
・油の表面は水になじみやすい状態となり、固体表面から引き剥がされ、水の中に取り込まれます。

洗浄のメカニズム 第1ステップ

洗浄のメカニズム 第2ステップ

洗浄のメカニズム 第3ステップ

洗浄のメカニズム 第4ステップ