剥離剤の基礎知識
剥離剤の活用事例
トピックス
安全データシートはこちら
リンク
社団法人 全国産業廃棄物連合会
→お近くの産業廃棄物処理企業を検索できます。
 ご使用済みの弊社製品を廃棄する際にご活用ください。
国土交通省
新技術情報提供システム(NETIS)
→公共事業等で活用できる新技術を検索できます。
弊社の「ネオリバー泥パック工法」 (KK-070037-VR)も登録済です。
製品サポート関連リンク集
→その他のリンクのページ。

剥離剤使用時 環境対策上のご注意事項


環境対策上のご注意事項 (非ジクロロメタン系剥離剤)

●一部の剥離剤の廃液は、特別管理産業廃棄物に該当します。有資格業者に委託してください。
●廃液、排水の処理については、その種類や量によって処理方法が異なりますので、専門業者に相談してください。
●排水、大気、地下浸透などに係る規制値は各都道府県条例により異なる場合がありますので、行政にご確認ください。
●洗浄水、廃液への混入物(塗膜など)の成分によっては、各種法規制に該当する場合がありますので、法律を守って処理してください。


環境対策上の注意事項 (ジクロロメタン系剥離剤)

●ジクロロメタンを含む剥離剤の廃液、塗膜カスは特別管理産業廃棄物に該当します。廃棄時は、有資格者に運搬、処理を委託してください。
●ジクロロメタンを含む洗浄水は、水質汚濁防止法、下水道法などの法規制に該当しますので、法律を守って処理してください。ジクロロメタンは水に溶けにくい溶剤ですが、その溶解度は排水基準値に比べてはるかに大きな値です。従って、排水については地下水、周辺土壌への汚染が起こらないような適切な設備による排出抑制や除去操作を徹底して行うか、回収し、特別管理産業廃棄物として有資格業者に委託してください。
●廃液、塗膜カス、排水の処理については、その種類や量により処理方法が異なりますので、専門業者にご相談ください。
●大気、塗膜カス、廃液への混入物(塗膜などの成分)などに対する規制については、それぞれ行政機関によって事情が異なり、法規制なども一律ではないので、関係当局、関連業者、有資格者などにご確認ください。